ダイエット・腕組みカタログ > 肥満の正体 > 人はどうして太るの?

肥満の正体

人はどうして太るの?

食べ過ぎや運動不足、注意したはずたのに、

1日さぼっただけで太っちゃった…。

痩せるのは、とても大変なことなのに、

どうして、人は簡単に太ってしまうのでしょう?


ちょっと食べ過ぎてしまったときに身体は、

「いざというときのために、あまったカロリーを貯金しておこう!」

と考えます。

「考える」のは、本当は脳で、身体は考えない…と言われるかもしれませんが

なにしろ、身体のメカニズムは、そのようにとらえるのです。

それで、使い切れないカロリーを「ぜい肉」として蓄えます。

で、この貯金は絶食でもしないかぎり

ちょっとやそっとじゃ使われることがありません。

一食抜いたくらいでは、ぜんぜんダメです。


なにしろ、身体はカロリーに対して

とても貧乏性なのです。


例えば、食べ過ぎたからといって、

次の食事までの間隔を空けたり、一食抜いたりすると、

身体は次のように考えます。

「こういうときのために、もっとカロリーを貯金しておかなくては!」

そしてさらに、ぜい肉が増えるハメになるのです。


カロリー貯金が大好きな身体に、貯金をさせないためには

貯金の必要性を感じさせないのがイチバン。

つまり、毎日規則正しく

3食の食事を摂るのが最良の方法かもしれません。

人気blogランキングに参加中  banner_01.gif