ダイエット・腕組みカタログ > 肥満の正体 > ほとんどの人類は太っていない!?

肥満の正体

ほとんどの人類は太っていない!?

どうして「身体」はカロリー貯金が大好きなのでしょう?

しかも、貧乏性なほどに…

その秘密は、人類の歴史にあります。


飽食の時代と言われる現代とは対称的に、

何百万年にも及ぶ人類の歴史の99%は飢えとの戦いでした。

いえ、現代においても、地球上の過半数の人間は食料不足だと言われています。

つまり、「満足に食べられている」人類は、

歴史的にも地理的にも、ごく限られたわずかな人たちだけなのです。


「飢餓」が日常、あるいは常態である人類の身体には

その飢餓を乗り越えて、生き残り、子孫を残すために、

できるだけ余分なカロリーを蓄えておくようにと、

遺伝子が組み込まれているのです。


つまり、人は誰でも、基本的に

余分な栄養を貯め込んでおこうとする生き物なのです。

そして、その余分な栄養が脂肪細胞となって蓄えられ、

何もしなければどんどん太ってしまうのです。


「太ろうとする」のは、何百万年もかけて、

遺伝子に組み込まれた体質。

簡単には変えられません。


太りたくないのであれば、

「高タンパク、高脂質になりがちな食生活を見直す」

「適度な運動を心がける」などの

「努力」が必要不可欠と言えます。

人気blogランキングに参加中  banner_01.gif