ダイエット・腕組みカタログ > 肥満の正体 > メタボリック症候群とはなに?

肥満の正体

メタボリック症候群とはなに?

肥満の定義を確認したついでに、

「メタボリック症候群」についてもチェック。

最近よく聞く「メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)」。

おへその上で測ったウエスト周りが、

男性は85cm以上、女性なら90cm以上の人は、要注意。と、言われています。


さらに、血清脂質、血糖値、血圧のうち、2つ以上

基準値より高い場合を、メタボリック症候群と言います。


メタボリック症候群の怖いところは、

ちょっと「困ったちゃん」ではあるものの

明らかな「高脂血症」だとか、

「糖尿病」、「高血圧」などと診断は診断されにくいのです。


血圧や血糖値、血清脂質も、「診断」されるほど高くないので

自覚症状も少なく、つい放置してしまいがち。

しかし、メタボリック症候群をそのままにしておくと、

動脈硬化の進行が速くなり、

心筋梗塞や脳梗塞などへのリスクが高まります。


つまり、メタボリック症候群は、ただの「美容的」なおでぶちゃんではなく

健康的な被害がすぐに迫っている「生活習慣病的」なおでぶちゃんなわけ。


そんな恐ろしいメタボリック症候群の主な原因は、

「お腹周りの内臓脂肪蓄積」。

つまり、内臓脂肪を減らせば、

メタボリック症候群も解消しやすいということ。


体を動かし、食生活の改善にも気をつけることで、

メタボリック症候群を防ぎましょう。


人気blogランキングに参加中  banner_01.gif