ダイエット・腕組みカタログ > 肥満の正体 > 女性のほうが太りやすい?

肥満の正体

女性のほうが太りやすい?

男性と女性では、どちらの方が太りやすいのでしょう?

女性? それはどうしてでしょうか。

女性の一生には、太りやすくなる時期が何度も訪れます。

まず、思春期。

女性ホルモン(エストロゲン)が分泌され、

女性特有の(丸みを帯びた)体型へと変化していく時期です。


次に、妊娠・出産期。

おなかに赤ちゃんを宿るわけですから

それだけでも体重増。

しかも、そのために骨盤が広がるので

お肉がつきやすくなります(これは赤ちゃんのためにも必要)。

ただ、妊娠中の体重増加が出産後も戻らない人も多いようです。

「産後のダイエット」が注目キーワードなのはそのせいですね。


さらに、閉経後の更年期。

女性ホルモンが減少することで、

脂肪が蓄えられやすくなります。


このように、女性がホルモンバランスの波により

肥満になりやすい時期を繰り返します。

それにたいして男性は、

生活習慣により太りやすくなる傾向があるようです。

例えば、仕事上のつきあいなど、外食では、

高カロリーかつ高脂肪の食事になりやすい。

運動不足なのに、食事の量は学生時代と変わらないため、

余分なカロリーが脂肪となって蓄積されるというわけです。


男性と女性の太るしくみを理解すれば、

太りにくい身体へと導くヒントが得られそうです。


人気blogランキングに参加中  banner_01.gif