ダイエット・腕組みカタログ > 肥満の正体 > 肥満と成人病は大の仲良し!

肥満の正体

肥満と成人病は大の仲良し!

ある統計によると、「肥満の人は短命」なんだとか。

本当でしょうか?

実は、日本人の3大死亡原因は、

1位:ガン、2位:脳出血や脳梗塞などの脳血管疾患、

3位:心筋梗塞などの心疾患です。


このうち、2位の脳血管疾患、3位の心疾患は、

悪い生活習慣によって引き起こされる成人病、

いわゆる生活習慣病です。


そして、肥満の人ほど、死に直結する生活習慣病を

発症しやすいとされています。

また、メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)の人も、

生活習慣病の1歩手前ですから、注意が必要です。


実際、「肥満」も、それまでの

食生活や運動不足を長期間にわたって繰り返すことが原因ですから、

肥満自体も生活習慣病といえるかもしれません。


たかが肥満とあなどるなかれ。

肥満を予防・解消して、生活習慣病のリスクを

軽減したいですね。


人気blogランキングに参加中  banner_01.gif