ダイエット・腕組みカタログ > 減量の真実 > 収入と支出のバランス

減量の真実

収入と支出のバランス

肥満はよく「貯金」にたとえられます。

でも、「肥満貯金」はあまりうれしくありませんね。

収入以上の支出をしなければ、どんどん貯金できる…

というわけですが、最低限必要な支出は基礎代謝と呼ばれ

成人の基礎代謝量が1200〜1300キロカロリー前後です。


これは、毎日、なにもしなくても自動的にかかる家賃や電気代、水道代のようなもの。


これを食事に置き換えると、

たとえばラーメンライスにギョウザ、とかでもヤバイ数字です。

もちろん、たくさん摂ったとしても、その分、消費(運動する)すれば

収支バランスはとれるわけで、「食べたら動く」が大原則になります。


ここで、ごく簡単に注意点をまとめましょう。

太らないために気をつけるべきことは、

1.食事は1日3食規則正しく。
食事を抜いたり時間がズレると、身体は栄養不足と感じ、
栄養を蓄積しようとして太ってしまいます。

2.何でもバランス良く食べる。
ご飯やお肉も、身体にとって大切な栄養素。
不足すると、脂肪が燃焼されずかえって太ることも。

3.食べ過ぎない、できるだけ運動する。
食べ過ぎは、イン(摂取)が過剰な状態。
運動不足は、アウト(消費)が過小な状態。
どんなに規則正しく栄養バランスの良い食事でも、
総摂取カロリーが、消費カロリーを上回ってしまうと、
その分は脂肪として身体に蓄積され、肥満体へと。


ということで、健康的なボディを手に入れたければ、

イン(摂取)とアウト(消費)のバランスに気をつけて!

バランスが崩れると、太ってしまったり、

逆に栄養失調に陥りかねません。


人気blogランキングに参加中  banner_01.gif