ダイエット・腕組みカタログ > 減量の真実 > 燃費のよい身体、悪い身体

減量の真実

燃費のよい身体、悪い身体

自動車の場合、燃費がよいにこしたことはありません。

けれど、「肥満」の観点から言えば、身体の燃費は悪いほうがよろしい。

一般的な成人の摂取カロリーの目安は

1日1800〜2000Kcalと言われています。

それに対して、シンクロナイズドスイミング選手の

1日の摂取カロリーは、なんと5000kcalだそうです。


私たちの2.5倍も多くのカロリーを摂取しているのに、

誰一人として太っていないのは、なぜでしょう。

それは、毎日、水中で過酷なトレーニングを続けているから。

過酷なトレーニングによりカロリーが消費されるだけではありません。

運動を支える筋肉が発達しているため、基礎代謝が高いのです。

筋肉は、そこに存在するだけで優秀な脂肪燃焼工場。

その工場が高性能で、しかもたくさんあれば

食べても食べても、どんどんカロリーが消費されるのです。


また浮力のために、ある程度の脂肪も必要なのですが、

運動により筋肉量も高まっているので、

脂肪がぜい肉になりにくい状態をキープできるのです。


いわば、ガソリンをガンガン消費する高性能スポーツカーみたいなものです。

基礎代謝と筋肉量が多ければ、カロリーが消費され、太りにくくなります。


逆に基礎代謝が低い人は、少ない燃料でどこまでも走れるディーゼル車。

ちょっとした運動ではカロリーをなかなか消費できず、

余分なカロリーが脂肪として貯め込まれ、

太りやすい状態になるのです。

人気blogランキングに参加中  banner_01.gif