ダイエット・腕組みカタログ > 減量の真実 > 身体の燃費を悪くする方法

減量の真実

身体の燃費を悪くする方法

「身体の燃費を悪くする」ということは「太りにくくなる」ということ。

えっ、ちょっと待って、「燃費がいい」ことは悪いことなの?

1リットルのガソリンで10キロ走る車と、1リットルのガソリンで20キロ走る車

どちらが便利でしょう?

1リットルのガソリンで20キロ走る車のほうが経済的です。


では、1膳のご飯で10キロ歩ける身体と、1膳のご飯で20キロ歩ける身体

どちらが便利でしょう?


燃料効率でいえば、あきらかに後者です。

もともと食料が少ない場合には、少ない食料でたくさん動けるほうが便利です。

けれど、「痩せる」という観点でみたとき、「痩せやすい」のはどちらでしょう?

1膳のご飯で10キロしか歩けない身体です。


さて、そこでキーワードになるのが「基礎代謝量」。

これは、性別・年齢はもちろん、体格や1日の運動量によっても変わります。

男性の方が女性より多いのは、

体格も大きく、臓器も大きい、また筋肉量も多めだから。

また、若い人ほど基礎代謝量が多いのは、

体内の新陳代謝がよく、どんどん新しい細胞を生成しているから。

だから、彼らはたくさん食べてもあまり太りません。

つまり「身体の燃費が悪い」からです。


とは言っても、性別・年齢は変えることができません。

それでも、「身体の燃費」を悪くするほうほうはあります。

ひとつは、筋肉の量を増やして、カロリーが消費されやすくすること。

もうひとつは、新陳代謝をつねに上げる工夫をすることです。

筋肉量を増やす、はわかるとして、新陳代謝を上げるって?


新陳代謝を上げる成分の食事やサプリメントなどがあります。

楽しいことをしたり、入浴することも効果的です。

「規則正しい生活」なんていうのも、新陳代謝によかったりするんですよ。


人気blogランキングに参加中  banner_01.gif