ダイエット・腕組みカタログ > 減量の真実 > 無酸素運動とは

減量の真実

無酸素運動とは

「有酸素運動はダイエットに効果的」なのはわかりました。

では「無酸素運動」は必要ないの? 

まず、「無酸素運動」はなにか? を確認しましょう。

たとえば100メートル競走。

とても激しい運動なので、呼吸で得た酸素が筋肉に届きいて

エネルギーとなる前に競技が終わってしまいます。

つまり10秒間、筋肉は酸素の補給なく働いているのです。

重量挙げ、なんかも同様。

高負荷の筋トレ、腹筋運動などの無酸素運動です。


無酸素運動は、有酸素運動とは異なり、

瞬発力に白筋(速筋)を鍛えるだけで、

脂肪を燃焼させることはありません。

運動自体による消費カロリーも少ないので、

ダイエットに関しての即効性はありません。


でも、筋肉量を増やすのに効果的なのです。

筋肉が増加すれば基礎代謝量がアップ。

これによって、何もしていなくてもカロリーを消費しやすい、

いわば「燃費の悪い」身体づくりができます。


無酸素運動のよいところは、即効性がないかわりに、

徐々に太りにくい体質になれるという点。

ダイエット後のリバウンドもしにくくなります。


有酸素運動だけでなく無酸素運動も平行して行うことが、

ダイエットへの「王道」ですね。やっぱり。

人気blogランキングに参加中  banner_01.gif