ダイエット・腕組みカタログ > リバウンドの恐怖 > リバウンドを防ぐには

リバウンドの恐怖

リバウンドを防ぐには

「急激」な変化を身体は(心)も求めません。

このことが「リバウンド対策」の鍵になります。


まず、リバウンドの原因が

「停滞期でのダイエット中止」にあることを再確認してください。

だから、停滞期が来たり、多少の体重増があっても

「停滞期は誰にでも起こり得る」と心得て、動じない!

といきたいものです。


それがうまくいかない?


身体の持っている「ホメオスタシス」という働きを理解しましょう。


ホメオスタシスとは「生体の状態が一定に保たれるという性質」のことで

例えば、遭難者がほんのわずかな食料で何ヶ月も生き延び、

生還できるのは、ホメオスタシスのおかげです。

また、ダイエット中に起こる停滞期も、

ホメオスタシスによるものと言われています。

この「ホメオスタシス効果」、1カ月に体重の5%以上が減ると、

最大限に効果を発揮すると言われています。

逆に考えれば、1カ月の体重の減少を5%以内に抑えれば、

 ホメオスタシスが働きにくい
 =停滞期やその後のリバウンドが起こりにくい

ということになります。


【ダイエット開始→停滞期→イライラ→ダイエット中止→リバウンド】

というサイクルのイチバン最初、「ダイエット開始」があまりにきついと

「停滞期」でのイライラも極限になり、「中止」「リバウンド」となりやすくなります。


「急ブレーキ、急ハンドル」はダイエットでも厳禁なのかもしれませんね。

人気blogランキングに参加中  banner_01.gif