ダイエット・腕組みカタログ > ダイエット法…マシン編 > EMS

ダイエット法…マシン編

EMS

電気(エレクトリック=E)で、筋肉(マッスル=M)に対して

刺激(Stimulation=S)することを、「EMS」と呼びます。

もともとは、オリンピックなどに出るスポーツ選手が

すこしでも筋肉を増強させるために用いた手法で

「自分の意識」と関係なく、「電気の刺激」で筋肉を動かす

…いわば、機械まかせの「筋肉トレーニング」なわけです。


「筋肉を鍛えて増やす」ということは

「ダイエット後に、リバウンドしたくない」

「太りにくい身体になりたい」

という目的にはぴったりな対策。


筋肉の量が多い人はカロリーが消費されやすいので、

たくさん食べても、太りにくくなるのです。


「それじゃあ、筋肉を増やそう!」

…とは言っても、毎日自力で腹筋運動だなんて、

考えただけでもイヤになりますね。


その点、EMSマシンならば

つけてるだけで筋肉運動ができるわけです。


多くのEMSマシンは、筋肉運動させたい部分にパッドを貼って使います。

あとは、電気刺激が筋肉を動かし、勝手に筋肉運動をしてくれます。

電気刺激といっても、身体に害やピリピリ感はナシ。

高性能のEMSマシンならば

本当に、意思と関係なく、腕が上がります。

原理的には低周波治療器と同じですが

強さや周波数などが異なります。

廉価で、肌がぴくぴく動くだけのマシンを

EMSと称して売っている場合もあるので

あまり安いものは避けたほうがよいと思います。




人気blogランキングに参加中  banner_01.gif

コメントをどうぞ

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

  

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: