ダイエット・腕組みカタログ > ダイエットのトリビア > 肥満の一部はウイルスが原因?

ダイエットのトリビア

肥満の一部はウイルスが原因?

肥満の一部はウイルス感染によって起きるらしい――。

という研究結果がアメリカの化学学会で発表されました。

「肥満は病気の第一歩」…なんていうセリフはよくききますが

その研究結果がほんとうならば、「肥満こそ病気そのもの」

なんていうことになるのでしょうか。

(もちろん、一部の肥満といういみですが)


さて今回、「肥満の一部はウイルスが原因」

と発表したのは米ルイジアナ州立大のグループ。

ボストンで開かれた米化学会で8月20日(2007年)

で研究結果を発表したとのこと。


研究グループは、美容のために行われる脂肪吸引で得られた人間の脂肪組織から、

幹細胞(さまざまな細胞に変化する能力を持つ)を抽出。

そこにアデノウイルス36を加えてみました。

すると、ウイルスを加えられた幹細胞の半分以上が

脂肪細胞に変わってしまったのだそうです。

アデノウイルス36は、もともと風邪や結膜炎の原因となるウイルスの

仲間ですが、肥満の人は、そうでない人に比べて

感染の割合が高いことで知られていたのですが

肥満との因果関係ははっきりわかっていませんでした。

そのあたりのメカニズムの解明が、ちょっと前進したということでしょうか。


研究グループによれば、

ウイルスが肥満の原因だとはっきりすれば、ワクチンが開発できそうだ

ということです。



人気blogランキングに参加中  banner_01.gif


コメントをどうぞ

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

  

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: